南国さんのゲーム部屋

紫外線に弱い南国人の趣味全開の部屋

LINEスタンプはこちら

目の前のことを全力でやる!ことの大事さ

年末にアプリラッシュしすぎてちょっと休憩中の南国さんですこんにちは。

次のアプリ色々候補はあるんですがさて何にしますかね。

 

今日はちょっと趣向を変えて自分の仕事観みたいなの書いてみます。

長文なんでめんどい人は回れ右でOKです、興味ある人はまったり読んでいただければと思います。

 

フリーになって半年近く経ちますがありがたいことに仕事にあぶれることなく、ちゃんとやって行けている今日この頃です。

 

タイトルに書いている「目の前のことを全力でやる」ですが、本当これに尽きるなぁと最近しみじみ感じています。

 

ここで南国さんの職歴をちょっと書いてみると

 

・1社目:着アニメーションとか携帯Flashとか、バイトから入って契約社員

・2社目:サイトのデザインとか携帯Flashとか軽いイラストとか色々

・3社目:携帯Flashとかアバターイラストとか

・体調崩して1年療養

・4社目:携帯Flash、ポータルサイト運営、企画っぽいこと

・5社目:ソーシャルゲームのFlash&演出全般、マネージメント、推進グループ

 

10年間でこれなので割りと短いスパンで転職してます。

ひたすらモバイル畑での仕事だったので一番得意なのはFlashLite1.1です。

今やFlash自体が消え行く過去の遺産扱いされている感じもしますが、これに関してはどこに行ってもやっていけるくらいのスキルは身についたかなと。

 

ちなみに専門学校でほんの少し習っただけで実際にしっかり覚えたのは、1社目の携帯Flashコンテンツを作る時です。

「時代は携帯Flashだ!」

社長の一声で1ヶ月で30個Flash作品作ることになったので必死に覚えました!

あ、ちなみに5人で30個なので一人頭6個だったのであしからず。

 

元々プログラムとかアニメーション好きだったのでのめり込みました。

ひたすら面白いもの作りたくて色々覚えました、色々作りました。

まぁこの時に色々あって体壊したんですがそれはまた別の機会に。

 

そこで身につけた技術のおかげで2社目にFlash担当で入社することが出来ました。

1社目が安月給だったのもあったんですが給料がぐっと上がって嬉しかったです。

 

2社目ではシステム開発部内のデザインチームという変わった形だったため、周りがプログラムのスペシャリスト揃い、そしてデザイナーの長は超人でした!

スクリプトもデザインも3Dとかも何でもこなしていました、ここで本当のプロの仕事を学ばせてもらったと思っています。

 

この後の3社目~療養までは本当に短期間だったので割愛、体調悪い時は素直に休まないとダメです、痛いほど身にしみました。

 

4社目はくっそ忙しかったです、ミニゲーム主体のソーシャルゲームを3人体制で作ったりしてもう何だこれ?って感じでした。

ポータルサイトの運営もやっていて休日も監視業務があったりとてんやわんや。

企画を考えたりもして何でもやらないといけない状態でした。

ただ、ここで色々なことを経験したのも大きかったかなと思っています。

 

そして5社目、1社目の頃からの友人の誘いで入社。

今まで働いてきた中で多分一番濃い体験ができました。

会社がめまぐるしく成長していくその中に居れたことはすごく幸せでしたね。

自分が一番得意なFlashをメインで担当、ほぼ全ての新規コンテンツに関わり、その度に新しいことを全力で取り組んでいきました。

 

リーダー、マネージャー、推進、色々やりました。

大変でしたが楽しかったです、最高の時間だったと思います。

そして昔から憧れていたフリーランス、今に至ります。

 

自分の行動がそのまま評価=給料に直結する、稼げないなら自分の実力が足りないだけ、完全に自由だが全責任も負う。

これがたまらなく楽しいんです、自分がどこまで通用するか試したいんですよね。

 

今ここに立てているのはこれまでの経験全てが集約したからだと思っています。

まったくの素人だった自分がひたすらやってきたことはただ1つ

目の前の仕事を全力でやる!

本当にこれだけです。

 

こんなショボイ仕事が何の役に立つのか?

俺がやりたいのはこんなことじゃない

もっと大きなことがやりたい!

 

とか考えることもあるかもしれない、だけど

目の前のことに全力注げない人に大きな仕事を任せる人っていないと思うんですよ。

どんな小さな仕事でも手を抜かず全力で取り組む、いいものを作る。

それはきっとどこかで伝わります、誰かが見てくれています。

そして何より自分自身に確実に積み重なっていきます。

いざチャンスが来た時に実行できる力が身についていないと話にならないですよね。

 

これからも自分はそこを貫いていこうと思います。

面倒くさい仕事、調整、修正などたくさんあります、でも決して手は抜かない。

全力でぶつかった先で得られるものはいつだって素晴らしかったから。

 

「過去は変えられない、でも自分と未来は変えていける」

すごく好きな言葉です。

今からでもいい、どんなことでも全力でやってみるのもいいんじゃないかな、そう思います。